スイスの伝統的な漆喰「カルクウォール」って?

calkwall_01

moikoti〜モイコッティ〜のおうちで使っている塗り壁材
おうちの中でも外でも塗れる天然100%の「スイス漆喰カルクウォール」


スイス漆喰カルクウォールは、スイスで300年以上変わらない伝統製法で作り続けている
今では珍しい本物の漆喰です。というのも、日本にある漆喰は200種類以上と言われて
いますが、そのほとんどが合成樹脂といわれる化学製品が含まれています。
合成樹脂を含まないスイス漆喰カルクウォールは小さなお子さんがいるご家庭やアレルギーを
お持ちの方でも安心して使える世界で認められた素材です。


そんなスイス漆喰カルクウォールの素敵なところをご紹介しますね♪


〜スイス漆喰カルクウォールのちょっといい話〜

1、 あこがれのまっ白なおうちの出来上がり♪

カルクウォールはとにもかくにも白さが他の漆喰と違います!
その白さは雪と同じ原理で、結晶が光を反射して白く見えているのです。
だから、光が綺麗に映り、人の目で見える最大級の白さになるというわけです。
なので、こだわった家具や雑貨もよく似合うし、照明の光もよく伸びてくれるので、
お部屋飾りも楽しくなります。

088

2、 綺麗な空気で暮らすということ♪

カルクウォールは空気をキレイにしてくれる効果を持っています。まず、漆喰そのものが
多孔質という小さな穴がたくさん綺麗に並んでできているので、漆喰が呼吸をして、
部屋の中の湿気を吸ったりはいたりしてくれます。なので、ジメジメや乾燥がマシになり
過ごしやすい空気環境を作ることができるのです。(調湿効果)
また、カルクウォールは強いアルカリ性の素材です。なので、空気中の雑菌やウイルスを
殺菌する力も持っています。なので、カビなどが生えづらく湿気で悩む日本ではピッタリの素材と言えます。それだけでなく、料理や生活臭を消臭してくれる力もあるので、
家で過ごす時間の多い、忙しいママやこどもにとってはもってこいの素材なのです。

3、 お手入れ簡単♪

カルクウォールはお手入れ(メンテナンス)がとっても簡単です。
そもそも、割れやすい素材と思われがちな漆喰ですが、その昔はピラミッドや万里の長城など世界の石積み建築の石と石との接着剤に使われるぐらい本来はとても割れに強い素材なのです。カルクウォールは石灰純度90%以上のとても高級な原材料(石灰石)を使って、
その石灰石の良さを最大限引き出すために約半年間かけて作る手間ひまかかった素材で、
その耐久性は100年以上!!もちろん全く汚れないし割れないよという訳ではありません。
そこで、嬉しいのがそのメンテナンス性の高さ!!自分の手で簡単にできるほど、扱いやすい素材なのです。DIYで家やモノを作ることを通して、暮らしの楽しさ、心のゆとりの作り方をみなさんに知ってもらえればと想い、moikotiではこの素材を採用しています。

いかがでしょう?
気になった方はスイス漆喰を体感できるイベントなども開催しているので
ぜひ一度、moikoti〜モイコッティ〜へ遊びにきて下さいね。

 

スイス漆喰を使ったまっ白なおうち「moikoti〜モイコッティ〜」